2015、下半期

いよいよ2015年もあと何時間かで過ぎようとしてます。
毎年のことですが、大晦日は買い物が大変。
先ほども近くのJR駅直結のスーパーに行こうと思ったら、駅前のバス停が長蛇の列でした。
毎年、そうだったのかな?
バス停がこんなに列を作っているのは初めて見ます。
そして、案の定スーパーは大混雑。
ここには自分でレジを通して精算する機械があるのですが、追い付かない状態でした。
11番まであるレジも列。。。。
レジ係りの方、お疲れ様です~!
顔色ひとつ変えずに笑顔で接客されるのはやはりプロですね。

そうそう、笑顔と言えば、今年の下半期はそんな笑顔に沢山出会えたように思います。
車で移動するのを止めたことも関係しているのかもしれませんが、通勤の途中でいろいろ出会いました。
今はスマホなどにかじりついている人も多くて、隣人がどんな状況かも知らなかったりします。
でも、そうじゃない人も結構増えてるのかな?とも感じます。

ある日などは、私がJRに乗って座っていると、視界には見事にスマホを観てる人ばかりでした。
そんな中、その視界の中に、こちらに合図を送っている影が。
ふと視線をやると、少し遠くの斜め前方から身を乗り出して、私の足もとから、知らないうちに落とした手袋を拾って渡してくれました。
私は笑顔で「ありがとうございます!」とお礼を言いましたら、男性も爽やかな笑顔でその場を去っていきました。
しかも、この年末どこも人であふれて歩くのもようやっとなので、その男性は皆が先を争って通る道を避けていきました。
何気ない一コマですが、その日一日気持ちよく過ごせました。

またある日、バスの乗っていたときのこと。
隣に座っていたおばあちゃんが、5~6分くらいしたあたりから、バッグの中をごそごそと何かを探し始めました。
丁度私の母と同じくらいの70代くらいの方でしたので、母と暮らしていたときによく探し物をしていたことを思い、「どうかされましたか?」と声をかけました。
ご婦人は「手に手袋といっしょに整理券を持ってたはずなんだけど、今見たらなくて」といいます。
それなら、どこかに落ちているのではと、一緒に辺りを探しましたがありません。
その時、後ろから私の肩をポンポンとたたかれ、振り向くと後ろに座っていた老婦人が、「私の方に流れてきましたよ。」と整理券を渡してくれました。

隣のおばあちゃんはとてもホッとした表情になり、後ろの方にもお礼を伝えていました。
その方は、私より先に下車していきましたが、降り際にこちらに笑顔で一瞥されていきました。
その後はバスの中は暖かい空気になったように思います。
ちょっとしたことなんですが、今年の下半期は特にこういった場面によく遭遇してました。

ということで、今年の下半期は自分的には忙しくてバタバタとしてましたが、そんな日常に支えられて過ごすことができました。

あと、今年はまた沢山の気づきや発見もありました。
なんといっても、自分が目指す音に一歩近づけたことが収穫でした。
いまだに研究していた音色のこと、あることがキッカケで、目から鱗でした。
生徒さんから、「え、まだ研究してるんですか?」なんていう声を聞こえそうですが、指導している立場としては、いつもどうしたら伝えられるか、というものがあって、常に気づきと観察と研究があるものだと思っています。
終わりがない・・というと、ちょっと気が遠くなりますが、「まだまだ研究できることがある」というのは素晴らしいギフトなんではないでしょうか。

という訳で、2015年の振り返りとさせていただきます(^^♪
皆様良いお年をお迎えください!!

なかなか充実した一週間!

今日はいろいろあってアップが遅れ、日付が変わってしまいましたm(_ _)m!
まぁ、いろいろあるのが人生、、面白いです。
お陰様で明るい光を頂き今年の年越しはとても明るく過ごせそうで、何より感謝です。

しかし、あっという間の12月最後の日曜日・・・(⌒-⌒; )
ブログも最後かと思っていましたが、年末にまた掲載させていただくかもしれません。

そしてこの数週間、気がつくと休みがなかったかもしれません。
かといって、疲れているわけでもなく、なかなか充実した12月でした。
そう思えることに感謝したいです。

さて、12月22日はアンサンブル・グレーヌは旭川でのロビーコンサートに伺わせて頂きました。
ロビコンはお昼からでしたので、雪の影響を考えて、前泊するため、レッスンが終わってからスーパー・カムイに乗って行きました。
写真を撮るのをすっかり忘れていましたが、旭川駅が新しくなってて驚き!
まるで、新千歳空港駅みたい。
広々していて、出口がいろいろあって、どっちに出たら良いかわかりませんでした。

乗る時の札幌は殆ど雪の無い状態でしたが、美唄あたりから景色が・・・。
旭川は吹雪でしたよ。
ホテルに着くまでに遭難するかもと思うくらい。
夜中だったから余計降ってたのかもしれませんが。
「こんなに雪降って、明日はどうなるんだろう?」

ところが、本番の日は朝からものすごい晴天に恵まれました。
素晴らしい!!
公民館でゲネプロをして、カムイミンタラホールへ向かいました。
中山先生と藤井さんは前日にリハを行っていたので、会場の響き具合を教えていただきまして、頑張らずに吹くことに。

4階までの吹き抜けになっていました。
演奏するところには旭川の本物の木のツリーがドンと置かれてました。
20151228-kamuimintarahall
このツリーの前でアンサンブルグレーヌ演奏させていただきました。
4階までの吹き抜けのホールで、まぁ、とにかく良く響くホールで、ある意味とても繊細に演奏しなければならないホール。
でも、皆様に楽しんでいただけたようでホッとしております。
なかなか聞けない中山先生のフルートにまつわることをお伝えできたのは本当に嬉しい限りです。
そして、今回いろいろと動き回ってくださいました中山先生の弟子仲間の藤井さん、風邪で咳き込む中本当に有難うございました!!!
充実した1時間を共に過ごせたことに心より感謝いたします。

あと、教室自体はあと残り2日間。
そして、お正月!!

思えば、この一年はいろんな意味で、この歳で成長できたなと思えることができました。
沢山の出会いも貴重に思えましたし、これからの糧にしていきたいと思います。

あと、2日ほどレッスンをさせていただき、仕事納めになります。
今日はある意味忘年会になり、こんなに遅くのアップになってしまったので、きちんとした記事を年内もう一つ記事にしたく思ってますので、本日はここまでにしたいと思います。

今日は、今季一番の寒さだったように思いますが、皆様風邪にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいませ!

22日は旭川でEnsembleGraineコンサート

先週火曜日に記事としてとりあげました、EnsembleGraineが旭川で演奏します。
旭川の皆様、観覧料無料ですので平日お昼休み、お気軽にお越しください。

一昨日から、ようやく冬っぽくなってきました(笑)
いや、雪は無い方が楽に暮らせるのですが、なきゃないでこれまた寂しい。
自分も含めて、人間って我儘な生き物ですなぁ。

でも、道に雪が一面にあるお蔭で、夜道が明るいんですよ。
昼の時間が短くて、日中でもお日様に当たれるのもあまりなくなると、精神的に滅入ってきてしまいます。
所謂、冬季鬱になりやすいのです。
だから、この暗い夜道が、雪の白さが反射する雪明かりは本当に有難い現象なのです。
これは、北国ならではの風景。
暗いイメージばかりでなく、雪のありがたさもちょっと感じます。

そして、今週は、冬至があり、クリスマスがあり、満月があり、忘年会あり(笑)
今年もあっという間に残すところ、あと一週間くらいなんですね。
ということで、22日の演奏会は今年の〆の演奏の仕事になります。
気を引き締めていきたいと思います!!

次回は今年最終記事になるのかな?