16分の12拍子

曇時々晴れ
30℃/22℃

久しぶりに暑くなりましたね~

ですが、夜は涼しくなるので楽です。

 

さて、ファルベのコンサートまで20日を切りました・・・

えっ!!もうすぐじゃないですか!!!

いや、本当に日が経つのが早すぎますね。

つい昨日日曜日だと思っていたのにまた日曜日が(笑)

 

バッハのロ短調フルートソナタなのですが、先月まで速度に悩んでましたが、決まりました。

3楽章のPrestoは前半はalla breve(2/2拍子)、この時代の速度は今のプレストよりは少し遅めだと思うのですが、後半が16分の12拍子というあまり見ない拍子。

16分音符が小節の中に12個入ってますよーというものですが、譜面を見ると16分音符の3連で八分音符ひとつのように書かれてるので、8分の4拍子のように演奏します。

でも、バッハさんは16分の12拍子と書いてるので、それを考えるとやっぱりあまり早くはしてくれるな、と言いたいのかな(笑)

しかし、Youtubeなんかで聴くとみんなかなり早く演奏してますね。

トラベルソで演奏しているのもあったので聴いたのですが、ウソみたいに早い(^▽^;)

まぁ、この楽章は早く演奏した方が楽です。

で、、、ファルベはどんなテンポで演奏するか・・・・

お楽しみに!

 

ちなみに、このBWV1030は真のバッハの作品とされてます。

バッハさんの名前を利用した偽作も沢山ある中、貴重な作品です。

対位法やカノンなんかも取り入れられた大作で、チェンバロとの掛け合いが素晴らしいです。

フルートのみで練習するものではありませんね。