雪が無い、、、ということ

くもり☁️
0℃/−10℃

雪❄️が無い!

夜中の除排雪車の音も無く静か・・。

という話題で毎日がすぎていく今日この頃です。

北海道の水は雪があるからこそ豊富に使えるのであって

このように全道的に雪が少ない状況が今後も続くとすれば

日々の生活や農産物などへの影響があるのでは?!と。

しかも、今年は夏にオリンピック・・・・。

ここ数年は札幌も蒸し暑いのに、水不足だと大変ではないだろうか?

と、ニュースなどでも話題になっていることだと思うが・・・。

 

私の記憶の中では、これまで生きてきて

こんなに雪が少ないのは初めての経験だと思います😟

路肩に雪がなくて、道路の見通しはいいし

雪かきだってしなくて済むのは本当に楽だと思いますが

でも、やっぱり、この土地には不要なものなんていのだと

言われているような・・・・。

 

2020年は大変革の始まりだとよく言われていますが

それよりも、気候までも変わっていくのは危機感がありますね。

そう思うと、地球や自然に改めて感謝して日々すごさねばと思います。

 

それと、何故だか

気象庁が発表している気温ですが、

本当なのでしょうか😔

毎日真冬日の氷点下の気温。

ですが、私自身は昨年よりも寒さを感じていないような・・。

朝起きると暖房器具に表示されている室温が16℃となってます。

例年ですと、13℃くらいまで下がっていたのですが

今年は15〜16℃くらい。

うーん、何が起きているのだろう?