Skypeを導入してみました

Skypeを導入してみました

オンラインの会議やレッスンで利用できるツールでもあるSkypeのことを少し。

Zoomと同じようにアプリやブラウザからサインインして使います。

今回は自分で設定などのページを作成せずに、Skypeの分かりやすく解説してくださっているページのリンクを下記を貼っておきますのでそちらでご覧ください。

メリットやデメリットを読むと無料で使うにはちょっと難しいのかもしれません。

注意するべきはWebブラウザで利用するにはChromeかEdgeでないと利用できないことです。

▲スカイプの使い方を一挙解説!インストールからビジネスシーンの利用法まで 

 

さてSkypeはMicrosoftのアカウントが必要になります。

※Microsoftのアカウントではなくても可能でした。
Microsoftのアカウントは良くいえば厳重なためアカウントの削除や変更の融通が利きませんので、やはり自分はGメールのアカウントで使いたいと思いました。
Skypeに作成手順はこちら→Skype登録メールアドレスはGメールでもできる

私としてはGoogleアカウントで全部済ませたい気分なのですが。。
Windows10を使うときに最初に作ったMicrosoftのアカウントを取得してましたが、今回はこれとは別に仕事用のアカウントを追加してみました。

【アカウントの取得に手こずったお話・・】
Gメールのアカウントの取得時も結構めんどくさかったのですが、さらに面倒な感じなんです。

それは、私のやり方に問題があるのかもしれませんが、Gメールのように複数のアカウントを同時に表示できないのが一番苦戦したところです。

というのも、一度追加でMacbookから追加したのですが、後日サインインしようとしたら作ったときに控えていたパスワードがどこか移し間違っていたか、パスワードが違うメッセージで入れなくて何度も入力していたらロックされてしまいました。

そして、「パスワードを忘れた」リンクをクリックすると、まーーー、いろんな項目を細かく聞かれて結局Microsoftに情報を送信する羽目になりました。
情報を確認するまで24時間かかるとのことで、待ってみるかと諦めました。

いろいろと自分の個人情報を入力しなければならないのは心に引っ掛かりますが、このご時世では許されないのでしょうね。

こういったことで仕事が滞るのはちょっと嫌なのでまた新たに作りました。
私はほとんどのことがそうなのですが、説明書とかあまり読まないで感覚で進めてしまう癖は直したいものです(笑)

四苦八苦しながらようやくアカウントを取得しましたので、こういった作業がもしかしたらネックになるのではないかと思いました。

今後はますます、いろんなビジネスでこういう作業が必要になっていくのでしょうね。

もともとは便利だからって作られてきたものだったはずなのになんというか、生きづらい世の中になりました。

 

次回は使用感を記事にできれば良いなと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。