奏法を変えてから3年目にしてようやく自分の音が好きになりました

曇時々晴🌤
8℃/0

日に日に暖かさが増してきましたね。

春が来る!それだけで気持ちがウキウキになります。

昨日は雪も降りましたが今日はかなり気温も上がりました。

 

なかなか、自由な時間が確保できない3月を過ごしております。

溜まっていた事務仕事も2/3が終わり、来週中には一つ仕上げたいものがあり頑張っています!

 

さて、そんな中でも毎日吹く自分の笛の音

格段に良くなったと思うようになりました。

自分で言うのもなんなのですけれど、

ここ最近の音は美しいなぁ。。。。と思う。

若い頃に目指していた音とはまったく違うのですよ。

若い頃はとにかくダイナミックな表現しか頭にありませんでした。

フルートだってこんなにパワフルなんだぞ!と言わんばかりに(笑)

 

2年ほど前から奏法を変えて本当に良かった。

今年で3年目ですけれど、何度も前の奏法に戻そうとしたかしれません。

なんせ、この年齢から変える必要があるのか?とも思っていましたから。

 

変えた当初はしんどくて、頭のてっぺんからつま先まで筋肉痛だったのが

今はウソのように息も楽になり頑張らなくても響かせられます。

なんといっても、長いフレーズでも安心して吹いてられます。

 

速い曲はまだ以前の奏法に戻ることもしばしばありますが

それはおいおいと研究していくことになります。

 

身につくまでには忍耐が必要ですが

レッスンでも少しずつとりいれてます。

なかなか伝えるのも難しく、こちらも忍耐がかなり必要ですが。

今までの常識とされていた部分を変えるだけなんです。

たった一つ二つほんのちょっと変えるだけ、、大げさに変える必要もないのに凄く違和感がありました。

なので、それが人生の生き方と同じようになかなか変えられない。

勇気を持ってチャレンジしてみるといろんなところが見えて来る。

それは、音楽も同じなんですね。

 

お蔭で人生そのものの考え方、見かたが変わりました。

自分でまわりの景色を変えられる、

まさに、世界は自分が作り出しているということなんですね。

 

来週はアンサンブル・グレーヌの3回目の練習があります。

先月よりももっと気持ち良くハモれる気がします。