改めてプラスチック製フルートを吹いてみた

札幌は今日は雨で風もつよくて道がびちゃびちゃでした。
雪まつりに当たらなくて良かったですね。

さて、今日はプラスチック製フルートのお話を。

私の生徒さんは、とてもユニークで楽しい方が多いのですが、先日もブログで書きましたように(書くという表現が妥当なのか?)、笛談義をすることがしばしばです。
プラスチックフルートと言えば、もう15年前以上になるかと思いますけれど、ゴウというメーカーが開発した樹脂製フルートを試奏したことがあります。
インラインで、リングキーのみしかその頃出ていなくて、何本か吹きました。
外見は細部にまで気を使ったフルートで、当時は14万円くらいしていたと思います。

その時試奏した感じは、軽いということ、手に馴染みやすいですが、低音が非常に鳴りづらく、調整が狂ってるのかと思いました。
でも、そこにあった数本を全て吹いてみましたが皆同じような感じでした。
14万円も払って買う気にはなれませんでしたね。

そして、数年前大人の生徒さんで、とても研究熱心でチャレンジ精神もある方が、突然プラスチックフルートを持参してきました。
メーカーはnuvoという中国メーカーのプラスチックフルートでした。
ゴウのフルートなんかに比べたら、とてもゴツイ感じで、流石、これはおもちゃだな、と思えるような感じでした。
ところが、吹いてみたら、音は結構鳴る。
しかし、これはプラスチックという特性からなのか、低音E,Dがかすれます。
Cになると意外と鳴ってくれます。
何度か吹き込んでいくと、結構な音量出るようになり、楽しめました。

そうこうしているうち、それを譲り受けることになりました。
そして、また最近、YouTubeで、ゴウのフルートを吹いて合奏している動画を観て、試したくなったようで、それをお持ちになられました。
昔、試奏したフルートより少し進化していました。
というより、新しいタイプのフルートも出たようです。
tocco fluteというものです。
リッププレートはいまどき流行りの形で、今度はリングではなくカバードでした。
ここで、ゴウとnuvoのフルートの画像を載せます↓
プラ製フルート
左がnuvo、右がtoccoです。

toccoの方がやはり洗練されてますね。
リッププレートもtoccoの方が通常のフルートに近いです。
で、3本並べた画像を↓
プラ製フルートと通常フルート
上から、NUVO、tocco、そして、私が子供の頃吹いていた通常のフルート、ムラマツスタンダード。

試奏感はやはり少し吹き込んで楽器が温まるとちゃんと鳴ります。
まぁ、あまり倍音の響きは期待しない方が良いです。
そして、肝心の低音EとDはどうかというと、どちらも、Eまではなんとか出ます。
しかし、Dにいたっては、息の角度と、唇の緊張状態、息の強さが極端に変わえなければなりません。
でも、Cは良く鳴る。。。。。
私の吹き方なのかもしれませんが、この低音Dはどうしても気に入りません。

しかし、どちらも本当に軽くて楽ちんです。
これらを吹いてから通常のフルートを持つとすごく重くて吹くのを止めてしまったくらいです(笑)
そして、キーの操作性ですが、toccoはキーのバネの強さも程よく殆ど違和感なく自然です。
nuvoは、管が太めということもありますが、Gisレバーがもう少し水平にしてバネを緩めに、Esキーのバネを緩めにすると良い感じです。
さて、高音の方がどうかというと、若干toccoの方が鳴らしやすいです。
nuvoは高音Gまでは軽く出せますが、Aはコツが・・・。

どちらにしても、アンブシュアや顎が殆ど変えずに音が鳴らせないとな~と思いますが。
あと、気になったのが音程です。
どちらも、私が通常吹いている体勢では、440Hzが精いっぱいです。
442Hzに合わせるようにするには、リッププレートが肌に触れるか触れないかくらいにする。
そうすると指を沢山動かしたりするときに楽器が動いてしまわないようにしなければなりません。
3点支持はこの際ちょっと考えない方が良いかもしれません。

さて、そんな話を別の生徒さんと話してましたら、早速nuvoを買って持ってきました( *´艸`)
写真撮らせて頂いたので載せます↓
20160214-p_flute_01
なんとグリーン。
リップとキーが黒でなんかカッコいい(笑)

そして、試しに吹かせていただきました。
なんか、バージョンアップされてましたよ。
上記で気になるところといっていたGisレバーは少し水平になり、バネもゆるくなってました。
Esキーもバネが丁度良いです。
Dも少し鳴るようになってました。
CisキーからCキーへのスライドもしやすい気がしましたが、気のせいですかね???
参考まで画像を、、(分かりづらいかも)
nuvoFlute_01
↑Gisレバー
nuvoFlute_02
↑足部CisキーとCキー

というわけで、最近ずっとこのフルートを吹いて研究してました(^^♪

デスクワークの方ですが、残すところあとは確定申告だけになりました。
今年こそ、すんなりと合いますように願い、おやすみなさい。。。。