クリスタルフルートのニューモデルがオフセットになって吹きやすくなりました!

曇り時々雪☁️❄️
-6℃

日曜日に更新するつもりが、あまりにもやることが多すぎて日付が変わってしまいました。。。。m(__)m

そして、5日くらいあり得ないくらいの暖かさでしたが、昨日からまた冷え込みが強くなりまして、明日も真冬日。

先週は年賀はがきが一枚だけ当たっていまして、かわいらしい干支である犬の切手と交換できました。

さて、1月も半ばを過ぎまして、毎日教室の仕事も楽しく進んでおります。

そんな中、クリスタルフルートコースでの発見。

クリスタルフルートは素朴なガラスの横笛ですが、それだけに一本一本に個体差があるのですが、昨年の12月のクリスマス会で重大な発見がありました。

クリスタルフルートトリオでの演奏で、リハーサル何度かしていて、どうしても音程が合わずにおりました。

多分、私ともう一人は440Hzから音によっては442Hzで出せる音が、お一人だけどうしても頑張って高くても438Hzになるので、その音程に合わせて吹くことになって、本番もなんとかそれでハモって演奏できました。
(調性はGフルートです)

しかし、会が終了してから初めてのレッスンで、その方のクリスタルフルートを吹かせて頂きました。

なんと、私が吹いても半音近く低い音しか出ない。

もっと早くに吹かせてもらえれば良かったと、、、こころから後悔いたしました。

ピッチが合わないのは楽器のせいだったのですから、生徒さんも私もかなりなショック(‘Д’)

そして、新年早々に、生徒さんはもう一度買って試してみることにしたのです。

 

普通のフルートとは違いかなりお求めやすい価格なので比較的挑戦できますのが、それでも、新しく購入したものが442Hzで出せるとは限りませんので、チヤレジャーでなければできませんね。

そして、購入してから初めてのレッスンに持ってきていただいたものを見て唖然としました。

何度かバージョンアップしているとは聞いていましたが、今回のはかなりのアップグレードだと思います。
//訂正(2018/01/22)ですが、このバージョンはバージョンアップではなく、ニューモデルとしてどちらか選択できるものとなっているらしいです!//

 

まず、薬指がオフセット仕様になっていること。

トーンホールと管の直径も変わってました。

下の画像を参考までに載せておきますね。

左がニューモデルです。

 

ガラスで透明な分、画像では分かりづらいのですが、トーンホールがずれているのがわかりますか?

これがオフセットで、画像は左手の部分です。

同様に右手の方も薬指がオフセットになってました。

薬指がオフセットになったことで、左の運指がかなり楽になりました。

右手の薬指、オフセットは、正直あまり良いとは感じず、かえって右手は違和感を感じます。

音は、以前よりも出しやすくなりました。

 

そして、そのGフルートでデュオで合わせてみると、かなり楽にハモれることが分かりました。

それで、もう一人の方が調べて教えてくれたのですが、この仕様になったのは昨年らしいのです。

 

まぁ、どちらにしても、他の楽器と合わせやすくなってホッとしました。

私もそのうちニューモデルを買おうかと思います。

“クリスタルフルートのニューモデルがオフセットになって吹きやすくなりました!” への1件の返信

コメントは受け付けていません。