9月のLIVE

昨夜からの台風の影響もそれほどなく本日は静かな一日になりました。
相変わらず日中と夜の寒暖差が激しくて薄手の長袖を着て出歩いていますが、明日は海の日、暑くなるようですね。
最低気温の予想も19℃となってますので、まぁまぁ、夏らしい日に恵まれるのではないでしょうか。
先週はどうしても仕上げなければならない作業があり、ブログを休んでしまいました。

さて、9月のLIVEですが、簡単なチラシができました。
ひとつ訂正がございまして、当初18:00スタートにしてましたが、18:30スタートに変更になりましたのでお知らせしておきます。

先週はそのLIVEの打合せがありました。
メンバーの皆さんはとにかく忙しいので、日程を合わせるのが大変。
この先は2回のリハしかありません(汗)

今回は去る5月の「未来JAZZ」発表された、秋元さんがフルートのために作曲された作品を中心にお聞かせ致します。
前半はクラシックナンバーからアレンジしたものを、後半は秋元さんのオリジナル作品をご紹介いたします。

秋元さんの作品はクラシック分野でもJAZZ分野でも現代曲を作曲されていますが、作品の内容は洗練され、プレーヤーにとってはとても難しいのですが、そのメロディーラインは記憶の中に残るものが多いです。
一度聴くと、何度もテーマとなる旋律が頭の中をグルグルと周ります。

また、このブログでも紹介いたしますが、この機会を得られたことに感謝します。
きっと私にとってはまたとない貴重なLIVEになると思います。

余談ですが、十数年前からの私の指の不調について、いろいろと自分なりに分析しまして、今は失われたデータの中の記事にもありましたが、とにかく睡眠など、休めることを重視してきました。
練習も休みだからといって長時間しない、平均2時間で、30分のとき、まったく吹かない日もとったり、音を出さないときは譜読みに専念したりしてきました。
練習時間は多い時でも、一日3時間までを分割して休めながらしています。

自然に触れてリラックスすることや最低6時間は睡眠時間を取る。
インターネットも制限するようにしたりしてきて、指というよりも脳を休めるようにしてきました。
そのかいあってか、音符から指に伝わるのがスムーズになってきたように思います。
短い時間でも効率よく練習しましょうと生徒さんに指導している本人ができていなかった(^^;ということですね。