12月のLIVE内容

今月は私にとっては大変な8月でしたが、そうこうしているうちにもう月末。
今週はもう9月に突入するんですね。
LIVEまであと2週間?(;’∀’)
ゆるゆるな生活を送っていたのでちょっと焦っております。

水曜日の不定期更新の記事にも載せましたが、秋元女史からの曲の構成を先週のリハで行いました。
そして、一曲新たに増えまして、バラエティーに富んだ内容になりました。

昨年そらコンで紹介した中の一曲で、マルヤマ動物園の動物を題材にしたものも、フル編成で新しい世界に代わり、コード進行が難しいのでアドリブをどうしようかとコードの見直ししたりしてます。
それと、新たに加わった一曲は、これまた軽快な素敵な曲で、フルートにピッタリな曲でした。
私は、これが特に気に入ってまして、ワクワクしてます。
タイトルが季節的に合わないかもしれませんが、皆さんに是非聞いていただきたい曲です。
その他、未来JAZZで紹介した曲もあります。

どれもこれも、同じようなものは無いので、頭の切り替えが必要になります。
私の提示した曲は、何か自分ではつかみどころの無い「くらげ」のような感じでしたが、何とか形に(^^;
ありがとうございます!

今回のLIVEは私がお願いしたものなので、この編成ではしばらく無いのではないかと思います。

よく質問されるのですが、「JAZZですか?」なのですが、まったくのJAZZでは無いです。
classic要素もたっぷりです。
でも、アドリブが沢山入っていて、JAZZの要素も入っています。
かといって、分かりずらい現代JAZZともまた違って、メロディーが頭の中に残る、やはり、私はこれらを秋元ワールドって言ってしまいます。
どうぞお楽しみに!

余談ですが、円山動物園で思い出したのですが、前回の記事で紹介した「ひだのかな代さん」の絵本はどこで買えますか?と質問がありました。
ネット上ではなくて、ちょっとした書店にも並んでますので手に入ります。
もうひとつの「蜃気楼」の本は現在のところ斜里でしか手に入らないかもしれません。